PEOPLEイビデンケミカルの人

イビデンケミカルで活躍する先輩社員に、入社理由や仕事のやりがいなどについて聞きました。

INTERVIEWインタビュー

縁の下の力持ちとして
イビデングループに貢献できる喜び

本社・環境開発部

大学卒業後、東京で働いていましたが、家庭の事情で生まれ故郷の大垣市にUターンすることになり、知人の紹介でイビデンケミカルに転職しました。
私が所属しているのは、イビデンのグループ企業から排出される固形廃棄物の有効活用や適切な処理をコンサルティングする環境開発部。廃棄物の素材や量を確かめ、リサイクル率向上・コスト削減といった視点から処理計画を立て、実行するのが主な仕事です。廃棄物には実は有価物が含まれていることが多く、私たちの見立ての精度や、協力業者の選定によって、イビデングループとしての最終的な環境対応品質が大きく変わってくるといっても過言ではありません。また、廃棄物の内容が日々異なるので、臨機応変な配慮や工夫も求められます。とても奥が深く、難しい仕事ですが、縁の下の力持ちとしてグループに貢献できることにやりがいを感じます。
今後の目標は、どんな案件もこなせる環境開発のスペシャリストになり、自社で培ったノウハウをイビデン以外のお客様にも展開できるように事業を進化させていくこと。先輩方に指導を仰ぎつつ、経験を積んで、その目標に近づいていきたいです。

アットホームだけれど
みんなのモチベーションが高い職場

本社・環境開発部

産業や社会に役立つ事業を展開しているところと、イビデングループの安定性に惹かれ、環境開発部の事務職として入社しました。当初は当たり前のように飛び交う産業廃棄物関連の専門用語に戸惑うこともありましたが、先輩方に都度フォローしていただきながら少しずつスキルアップ。入社5年目の今では、出入金管理など責任ある業務も任されています。
働いてみて感じるイビデンケミカルのいいところは、アットホームな雰囲気。コミュニケーションが活発で、職場の誰とでも部門や役職、年齢の違いを超えたオープンな関係を築くことができます。一方で、社内には「みんなで業務改善や効率化を追求しよう」「新しいチャレンジをしていこう」というエネルギーが満ちているので、自然とモチベーションが上がりますね。
休暇制度や福利厚生が整っていてワークライフバランスを取りやすいことも当社の魅力。仕事中は頭をフル回転させながら業務に集中しているので、休日は趣味のデッサンを楽しみ、心身をリフレッシュさせています。私にとって、このオン・オフのメリハリが良い仕事につながっているように思います。

お客様からいただく
「ありがとう」の声がやりがいに

高石事業所・ガス販売部

以前は異業種で働いていましたが、結婚を機に、よりよい職場環境を求めてイビデンケミカルに転職しました。安定した収入が得られることに加え、残業が少なく仕事と家庭を両立しやすいのではないかと考えたことが、入社を決めた理由です。
現在はガス販売部門で、主に一般のお客様や販売店様向けにLPガスをお届けする営業職を担当しています。給湯、調理、暖房などのエネルギーとして使われるLPガスは、毎日の暮らしに欠かせないもの。安定的に供給することはもちろんですが、万一の不具合発生時に迅速に対応することも、私たちの大切な仕事です。時には対応が夜間などの時間外になることもありますが、お客様から「ありがとう。助かったよ」などと声をかけていただけると、「この仕事に就いてよかった」と実感します。
歴史があり、社会インフラを支える事業特性から、入社前はイビデンケミカルに対して少し堅いイメージを抱いていました。でも、実際はとても温かい雰囲気。社員全員の顔と名前が一致する会社規模や、人を大切にする社風が、こうした人間関係づくりにつながっているのだと思います。この恵まれた環境で自らの専門性をさらに高め、いずれは部門をリードしていける存在になりたいです。

先輩×後輩クロストーク

高石事業所で働く先輩・後輩関係のおふたりに本音で語ってもらいました。

事務職は会社を支える「縁の下の力持ち」

入社2年目に入ったね。感覚的にはもっと長いお付き合いのような(笑)。

平日ずっと一緒にお仕事をしているからですよね。振り返ると、入社したばかりの頃は覚えることがいっぱいで、私に務まるかなあって不安に思ってました。

前職は営業をされてて、事務職は初めてだったんだよね。

はい、そうなんです。でも、いつも優しく指導してくださって本当に心強かった。毎日いろいろなことを相談して、アドバイスをもらったり、励まされたり。私にとってとても大きな存在です。

そんな風に言ってもらえてうれしいな。私には高校生の娘がいるから、娘のような感覚なのよ。最近、仕事はどう?

慣れてきて、できることが増えてきました。最近はアセチレンの数値とか、ガスの専門知識をもっと身につけようと思ってがんばってます!

その調子、その調子。焦らず、少しずつね。

事務職って、以前は電話応対や伝票処理をするイメージが強かったんですよ。でも実際は仕事の幅が広いなって思います。

一見、ルーティーンのようでいて、そうじゃないよね。事務所を留守にしがちな営業スタッフのアシスト業務もあるから。

外出中の営業さんから「あのお客様に、急ぎで見積書を送ってもらえる?」って電話がかかってきたり。

そうそう。その時々の機転やプラスαの働きかけから受注につながる案件もあって、自分が役に立っているなと思える。

営業さんに「助かったよ、ありがとう」って言われると、うれしいですよね。私はまだまだなんですけれど、もうひとりのベテラン先輩はどんなお願いにもささっと対応されてて尊敬します。

イビデンケミカルはアットホームで働きやすい

社風についてはどう思う?イビデンケミカルをひと言で表すと「アットホーム」だと私は思っているんだけど。

はい、そう思います。職種とか社歴に関係なく、とにかく仲がいい!事務職は特に(笑)。

チームワークも抜群よね。最近は仕事と家庭を両立する女性が増えているけれど、「働きやすさ」は会社によってまだ差があると思うんです。その点、イビデンケミカルは「困ったときはお互いにフォローし合おう」っていう文化が根付いているんじゃないかな。私も子どもが小さい時は早退したり急に休んだりっていうこともあって、先輩方にずいぶん助けていただきました。

私も先日、姉が急に入院することになってお休みをいただいたんですけれど、「仕事は大丈夫だから、安心して休んで」って言ってくださって。ありがたかったです。そういう温かい雰囲気を、私も大切に受け継いでいきたいと思います。

では最後にお互い、今後の目標を。

正直、こうなりたいという具体的なイメージはまだないのですが、この会社で働き続けようということは決めています。今はまず、仕事を通していろいろな経験を積んで、人間的に成長することが目標。そして近い将来、後輩が入社したとき、今度は私が頼られる存在になれたらいいな。

私は自分の経験を生かして、これから仕事と家庭を両立していく人たちをサポートしたいと考えています。そして、イビデンケミカルが今よりもっと働きやすい会社に進化する一助になるのが目標です。これからも一緒にがんばろうね!