BUSINESS事業紹介

化成品事業

フェロ窒化ケイ素とカルシウムカーバイドは、イビデンケミカルの母体であるイビデンが100年を超える社史の中で培ってきた、伝統あるセラミック事業のひとつ。その製造事業を当社が承継し、強化してきました。
現在ではいずれの製品も国内トップシェアを有し、主に鉄鋼産業に貢献しています。

フェロ窒化ケイ素について

フェロ窒化ケイ素とは?

鉄鉱石を溶かして鉄を生み出す高炉で、耐摩耗性を上げる目的で使われている窒化物系セラミックス。「マッド材」の主原料で、1200度を超える高温環境下でのものづくりを下支えしています。

特徴 01

一貫生産体制

原料調達から生成反応、検査、出荷まで、一貫生産体制を構築しており、必要な時に必要な量を提供することができます。

特徴 02

国内納入量No.1

当社は国内に2社ある高炉用のマッド材メーカーのいずれとも取引があり、国内納入量としてはトップシェアを有します。

特徴 03

オリジナル製品も

リユース原料を使用した、エコでコスト・機能の両面に優れた自社オリジナル製品「イビフェロン」も展開しています。

特許取得!「イビフェロン®

イビデンのディーゼル微粒子除去装置「DPF」の製造工程から出るシリコンカーバイド加工粉を、合金鉄(フェロシリコン)の代替原料として使用したオリジナル製品(特許取得)。リユース原料を用いることで、従来品から15~25%のコストダウンに成功しました。一方、マッド材としてのパフォーマンスは向上し(出銑時間延長・充填量の減量化)、エコでコスト・機能の両面に優れたフェロ窒化ケイ素としてシェアを伸ばしています。

フェロ窒化ケイ素ができるまで
  1. STEP.01原料配合
  2. STEP.02電気炉で生成反応
  3. STEP.03粉砕
  4. STEP.04検査
  5. STEP.05出荷

カルシウムカーバイドについて

カーバイドとは?

生石灰とコークスなどを電気炉中で約2000度に熱してつくる化合物。主に製鉄・鋳鉄の脱硫剤として、また、金属の溶接・切断に用いられる溶解アセチレンの原料として活躍しています。

特徴 01

一貫生産体制

原料調達から生成反応、検査、出荷まで、一貫生産体制を構築しており、必要な時に必要な量を提供することができます。

特徴 02

国内シェアNo.1

イビデン時代から数えて50年以上の製造実績があり、製鉄向け脱硫用カーバイドの国内生産は当社が100%担っています。

特徴 03

地域資源で発展

岐阜県大垣市は古くから石灰石の産地として有名。そんな地域資源を生かし発展した歴史があることが当社の誇りです。

カーバイドができるまで
  1. STEP.01原料配合
  2. STEP.02電気炉で生成反応
  3. STEP.03粉砕
  4. STEP.04検査

化成品事業に関するお問い合わせ

フェロ窒化ケイ素とカルシウムカーバイドの製造・販売に関するお問い合わせを承ります。

イビデンケミカル E・ケミカル事業部 TEL. 0584-89-7491 メールでのお問い合わせはこちら

事業一覧

ガス事業

大阪府高石市の事業所で展開。
産業用ガスから家庭用ガスまで、幅広く取り扱っています。

MORE

化成品事業

鉄鋼メーカーのお客様に向け、フェロ窒化ケイ素とカルシウムカーバイドの製造販売を行っています。

MORE

健康関連事業

主に光線療法用特殊電極を製造。エアーカーボンアーク法に用いるトーチ等の製造も手がけています。

MORE

環境開発事業

主にイビデングループ内から排出される産業廃棄物と廃棄設備の適切な処理やリサイクルを提案・実施しています。

MORE